【メギド72】ステージ59『サルガタナス』難易度VH攻略。バラムの覚醒スキルで敵を封じ込めろ!

メギド72/メインクエスト攻略

今回は6章ステージ59ボス『サルガタナス』難易度ベリーハードの攻略法について書いていきます。

ボスのチェインから始動する取り巻きの強力な奥義が厄介な6章最大の難関。

個人的にはバラムを育成してから挑むことをオススメします。

スポンサーリンク

サルガタナスの攻略法

この戦闘ではチェイン数によって強化される取り巻き4体の奥義が最大の脅威となっています。

『サルガタナス』のチェインの起点となるスキルから、取り巻きの高倍率バフ+覚醒増加スキルを経由して、取り巻きの奥義でフィニッシュ……というのが敵側の理想的な流れ。

まともに喰らえばひとたまりもありません。

また、『サルガタナス』は取り巻きが生存している間はダメージがほぼ通らない特性を持っています。

チェインから始まる即死級の奥義をかいくぐりつつ取り巻きから片付けていくのが正攻法。

状態異常で敵の行動を封じる

『サルガタナス』は特性で毎ターンスキルフォトンを追加して確定でチェインを始動。そして取り巻きはチャージフォトンを除くすべての行動が「チェイン中チェイン」と、非常にチェインが繋がりやすくなっており、黙って見ていると当たり前のように強化された奥義が飛んできます。

これを防ぐには状態異常で妨害し続けるほかありません。

特に有効なのは、強化を封じる「束縛」、アタックを封じる「めまい」、スキルを封じる「感電」の3つ。

この3つの状態異常を1人でこなせるのがストーリー加入メギドのバラムです。

特に敵全体へ束縛とめまいを付与できる束縛がこのステージでは優秀。さらにリーダー器用なら状態異常の持続ターンが伸びるなど、完全に対サルガタナスの最終兵器。

大幻獣『魔眼賽ドゥーム』の周回にも役立つメギドなので、ぜひ育ててみることをオススメします。

耐久重視の前衛パで回復手段を複数用意

状態異常が有効とはいえ取り巻き全員にめまいと感電を付与し続けるのは難しいですし、そもそも『サルガタナス』には無効です。

敵は全体攻撃が多く、頻繁に強化解除も飛んでくるため防御系のバフもあまり有効的ではありません。

そのため、回復手段を多めに揃えておくのが耐久のコツ。

バラムリーダーで行く場合は全員を前列で揃え、メギドのスキルや奥義だけでなく列回復オーブで毎ターン回復するつもりで挑みましょう。

オーブが足りない場合は常設イベントで列回復の『シアンカラット』『フォレスター』が入手可能です。回復量はガチャ産に劣りますが十分役に立つと思います。

少ない手数でダメージの出せるアタッカーを起用

状態異常の維持と回復を最優先で立ち回らなければならないので、アタッカーに振れるフォトンはそう多くありません。また、強化解除が飛んでくるのでバフも盛りにくいです。

とはいえ、戦闘が長引くほどフォトン事故や状態異常のミスで守りが一気に瓦解する危険性が高まります。

少ないフォトンでも確実にダメージの出せるアタッカーを起用したいところ。

ラッシュメギドであればフォトンを増やせる『アサルトボックス』『ミミック』『インサニティ』が使えるのでオススメ。もしくはガープの専用オーブ『ベインチェイサー』もアタッカーとして使えます。

スポンサーリンク

編成と立ち回り

編成例:バラム・カスピエルパ

オセBカスピエルバラムCシャックスBサキュバス
アサルトボックスクラウンプラプナアッキピテルアビシニアンキャスパリーグ

バラムをリーダーに、感電役のシャックス・回復役のサキュバス・アタッカーオセ・そして開幕束縛付与役のカスピエルを起用。

散々バラムを推してきましたが、その次に大事なのが常設イベントで召喚可能なカスピエルです。

取り巻き奥義は遅くとも2ターン目の1巡目に飛んでくるので、そこまでにめまいを付与したいところ。ですが、バラムの覚醒スキルは「束縛済みの敵にめまいを追加」という能力なので、バラムだけでめまいまで持っていくには覚醒スキルを2回撃つ必要があり、間に合わせるのは困難。

先んじてカスピエルで束縛を付与しておくことでバラム1回目の覚醒スキルでめまい付与が可能になります。彼がいないと序盤の運ゲーがさらに加速するので覚悟しましょう。

バラムにはメインクエスト7章で入手の専用オーブ『アッキピテル』を装備。短所の低HPをフォロー出来る上、開幕の覚醒溜めが一気に楽になります。

アタッカーには専用霊宝装備のオセ。奥義にアタックフォトン追加が追加され、少ないフォトンでも攻撃可能。

そして回復役にサキュバス。普段は状態異常耐性のスキル目当てですが今回は奥義をバンバン撃ってもらいます。特性によりチャージフォトンとアタックフォトン1個ずつで列回復奥義が撃てるのは非常に心強いです。

立ち回り方

1ターン目……カスピエルで取り巻きに束縛付与とバラムを覚醒状態にするのが最低条件。敵のチェインが奥義までつながってしまいそうな場合はシャックスのスキルで分断する必要があります。

2ターン目……バラム覚醒スキル使用。シャックスの感電で妨害を狙うのも継続。

と簡単に書きましたが、ここまででもかなりの運ゲーです。1ターン目からしてフォトン運次第ですしね。

3ターン以降は毎ターン回復しつつめまい付与を最優先。取り巻きの覚醒スキルにはチェイン強化がないのでとにかく奥義を撃たれないようにしましょう。

とはいえ覚醒スキルも連発されると厳しいです。スキルフォトンを優先的に奪っていくのが○。

取り巻きは単体攻撃型であり耐久力の低い『ビハインドワーム』から倒すのがオススメ。敵が減れば感電で封殺もしやすくなるので序盤の数ターンまでが勝負だと思います。

シフト後の『サルガタナス』とは殴り合いの勝負。奥義を連発されないように立ち回ればまず勝てるはず。

まとめ

以上が『サルガタナス』難易度VHの攻略法でした。

とにかく運要素の強いステージ……ですがバラムとカスピエル、回復手段が揃っていればそこそこ安定してクリアも可能なステージだと思います。