【メギド72】アスモデウス育成のための魔眼賽ドゥーム周回・攻略法

メギド72

今回は討伐クエスト『魔眼賽ドゥーム』難易度ベリーハードの攻略法を紹介します。

アスモデウスの育成素材をドロップする大幻獣ですが、複数の状態異常が必要となる非常にギミック性の高い難敵です。

私としてはコイツの天敵であるバラムを育ててから挑むことをオススメします。

まずはバラム育成から

『魔眼賽ドゥーム』の攻略には6種の状態異常付与がほぼ必須で、5人のメギド+オーブでまともに対応しようとするとかなり編成が限定されてしまいます。

そこで出番が来るのがストーリー配布メギドのバラム

彼1人でなんと3種の状態異常をまかなえます。もはや「ドゥームはバラムに倒されるために生まれたのか!?」と言いたくなるほどの噛み合いっぷり。

もちろんバラムなしでも倒すことは可能ですが、かなり編成難易度が上がるのでまずは彼を育てるところから始めましょう。

星5.5が望ましいですが、星5でもベリハを十分クリアできると思います。

バラムの利点

ドゥーム戦でバラムが輝く点を列挙しました。

3種の状態異常付与が可能

バラムはキャラクター通りいやらしい性能になっており、3種類もの状態異常付与が可能です。

しかもそのすべてがドゥーム戦で有効。カウンターは状態異常オーブも豊富なので1人で4種も担当してくれます。

リーダーMEで状態異常の持続ターンが伸びる

バラムはリーダー起用すると自身に「状態異常の持続ターンが+1される」というマスエフェクトが発動します。

めまいや感電の行動阻害系が1ターン伸びるので立ち回りがずいぶん楽に。さらに、ドゥームは状態異常の数によって被ダメージが上がる特性を持っているため「持続ターンが伸びる=状態異常総数が増えダメージも伸びる」と、攻守においてとても強力です。

また、束縛の持続が3ターンになるのも大きいです。

ドゥームは毎ターン開始時に強力なバフを使用する特性を持っています。この「ターン開始時」というのがいやらしく、2ターン持続ですべて防ぐには毎ターンの束縛付与を強いられることに。

その点、バラムなら1ターン猶予が伸びるのでフォトン選びにだいぶ余裕が出来ます。

攻撃力・防御力の低下もできる

バラムはスキルで防御力を30%覚醒スキルで攻撃力を30%低下させることもできます。

状態異常と違って100%決まるわけではないもののかなり強力なデバフです。特に攻撃力ダウンは敵奥義のダメージが目に見えて低下するので耐久が楽になります。

素早さが高いので先手を取れる

ドゥームは素早さが高めなので1巡目は状態異常が間に合わず行動されてしまう、ということがありがちです。

バラムは素早さが高いほうなので3種(オーブ含めれば4種)の状態異常を先手を取って付与しにいけます。

楽しい

バラムリーダーの対ドゥーム戦は討伐クエストの中でもトップクラスにやっていて楽しいです。

立ち回りを考えながら状態異常をどんどん付与、強力な攻撃をドーン!

うーん気持ちいい。

スポンサーリンク

編成について

『魔眼賽ドゥーム』と戦うにあたって必要な状態異常は以下の6種。

  • 束縛
  • めまい
  • 感電
  • 呪い
  • 暗闇
  • 病気

うちバラムが担当できるのは「束縛」「めまい」「感電」の3種ですが「束縛」と「めまい」の付与は覚醒スキルなので、別途1ターン目からスキルで付与できるメギドを用意する必要があります。

「束縛」はイベント配布のBカスピエルで対応可能。束縛に関しては絶対に切らしたくないので必ず起用しましょう。

「めまい」Rフラウロス、Cベリト、フルーレティのガチャ産メギドのみ。1ターン目は必ずめまいが弱点の面から始まるのでこの3人のいずれかが欲しいところですが、こちらは最悪いなくてもなんとかなります。

「呪い」と「暗闇」は付与スキル持ちのオーブが多数あるのでそちらで対応しましょう。

「病気」は現状付与手段が非常に限られています。イベント配布のジニマルならスキルで付与できますが、耐久力・素早さの点で少し不安が残ります。メインクエスト47・48のハード初回クリア時に確定で貰えるカウンターオーブ「レゼルボア」を取っておくと便利です。

その他のおすすめメギド

ドゥーム戦ではフォルネウスがとにかくオススメ。

奥義による列回復しつつのスキル強化が非常に強く、「スキルの状態異常付与ターンが伸びる」「付与状態異常の総数が増えてさらにダメージが伸びる」「スキルの攻撃力も上がる」といいことづくめ。

素早いのでオーブでの状態異常付与役にも向いています。

アタッカーでオススメなのはティアマト

バーサークが伸び切った彼女を止められるものは誰もおらず、捕獲したかったのに倒してしまうこともよくあるレベルです。フォルネウスと組ませるとさらに凶悪に。

ヒエッ……。

編成例

BカスピエルRフラウロスバラムフォルネウスティアマト
キャスパリーグミミック彷徨う未練バブルウーズレゼルボア

奥義の回転が早くなるのが一番怖いので呪いオーブはバラムに持たせておきましょう。

「レゼルボア」はドゥームも持つ物体特攻の特性を持っているのでアタッカーに持たせるのがオススメ。ティアマトは遅いので1巡目間に合いませんが、彼女の攻撃力の前では20%回復など驚異ではありません。

立ち回り

初ターンの優先度は「束縛>めまい>バラムの覚醒溜め」

その後は束縛を切らさないことを最優先に考えながら、毎ターン弱点の状態異常を付与していきます。カスピエル・フラウロスらはバラムの覚醒が溜まり次第お役御免で、その後はバラム覚醒スキルで束縛とめまいを付与していきます。

バラムは覚醒ゲージが「4」の状態を保ち、スキル・覚醒スキルどちらも即座に打てるよう構えておきましょう。奥義を使う必要はありません。

状態異常3種、スキル強化、バーサーク。この条件が揃えばティアマトの覚醒スキルで簡単に倒せると思います。

回復も怖くないので「病気」は回復を防ぐというより状態異常を増やしてダメージを伸ばすためのものと考えていいです。

捕獲したい場合はスキルで様子を見ながらじっくり削ったほうがいいでしょう。