【MTGメモ】接死とトランプルが組み合わさった時の効果について解説

MTG

『マジック・ザ・ギャザリング』のルールを私自身も学びながら紹介するMTGメモ。

今回は『接死』『トランプル』、2つのキーワード能力を持っているクリーチャーが攻撃した時の効果について書いていきたいと思います。

では早速問題です。

「接死とトランプルを持つ4/4のクリーチャー」でアタックしたところ「1/3のバニラクリーチャー」にブロックされた。この時、対戦相手に与えられる最大ダメージはいくつでしょうか?

答えは「3点」

なぜそうなるのか、ルールを掘り下げていきます。

スポンサーリンク

接死・トランプルの解説

まずはそれぞれの効果を簡単におさらいします。

接死について

接死は「接死を持つクリーチャーから0点でないダメージを与えられたクリーチャーは破壊される」という能力です。

そして、接死持ちのクリーチャーが他のクリーチャーと戦闘する時、相手への致死ダメージはタフネスの値に関係なく1点と判定されます。

接死持ち攻撃クリーチャーが複数のクリーチャーにブロックされた場合は各クリーチャーに1点ずつ割り振るだけ。

複数ブロックにとても強い能力と言えますね。

トランプルについて

トランプルは「トランプルを持つ攻撃クリーチャーは、すべてのブロック・クリーチャーに致死ダメージを割り振った上での余剰ダメージを対戦相手(もしくはプレインズウォーカー)にも割り振ることができる」という能力です。

致死ダメージとはタフネス以上のダメージのことを言います。この致死ダメージが今回のポイント。

接死+トランプルの効果

それでは、接死とトランプルそれぞれの効果を踏まえた上で、この2つを両方持った攻撃クリーチャーがブロックされた場合にどうなるのか考えてみましょう。

ブロック・クリーチャーが1体の場合

ブロック・クリーチャーのタフネスは3ですが、攻撃クリーチャーが接死を持っていることから致死ダメージは1点と判断されます。

そのため、ブロック・クリーチャーへのダメージ割り振りは1点。残りの3点を対戦相手を割り振ることが可能です。

つまり、ブロック・クリーチャーが1体の場合、接死+トランプル持ちの攻撃クリーチャーが対戦相手に与えるダメージは、相手のパワー/タフネスに関係なく「攻撃クリーチャーのパワーから1引いた値」になります。

ブロック・クリーチャーが複数の場合

ブロック・クリーチャーが複数いる場合も考え方は変わりません。

各クリーチャーにパワーから1点ずつ割り振り、余った値が対戦相手のダメージへ。

このことから、接死とトランプルを持つクリーチャーがプレイヤー本体に与えるダメージはとても防ぎにくいです。

ブロック・クリーチャーが破壊不能を持っている場合

『破壊不能』を持つクリーチャーは接死でも破壊することはできませんが、貫通ダメージの考え方は一緒です。

破壊できない相手であっても、ダメージ割り振り時点で必要となる致死ダメージは接死により1点。残りは対戦相手へのダメージとして割り振ることができます。

これは『プロテクション』などのダメージを軽減する能力も同じです。

まとめ

接死+トランプルの攻撃クリーチャーが対戦相手に与えられるダメージは「自身のパワーからブロック・クリーチャーの数を引いた値」となる。

ちなみに、MTG開発者の1人であるマーク・ローズウォーター氏はコラムにて、「接死とトランプルを両方持つクリーチャーを出すことはない」と語っています。

Making Magic -マジック開発秘話-「お電話ありがとうございます」

それだけ接死とトランプルの組み合わせはヤバい、ということですね。

タイトルとURLをコピーしました