Google AdSenseで銀行口座を登録する方法。登録を失敗した時の対処法も紹介

ブログ

Google AdSenseの審査通った!広告収入増えてきた!支払い基準額の8000円溜まった!早速お金を受け取ろう!

……というところまで来て、銀行口座の登録確認が終わらないという方、いるんじゃないでしょうか。

何を隠そう私もその1人でしたorz

というわけで今回は、Google AdSenseの収益を受け取る先の銀行口座の正しい登録方法と、銀行口座を間違えて登録してしまった場合の対処方法について書いていきます。

ポイントは「銀行口座の名義は本人(あなた)の名前」「登録を間違えた場合は口座情報を一旦削除する」です。

スポンサーリンク

Google AdSenseの支払い設定方法

Google AdSenseの収益を受け取るには銀行口座の登録が必須です。

登録はGoogle AdSenseホーム画面の『残高』もしくは左上メニューから『お支払い』ページへ飛び、『お受け取り方法』にある『お受け取り方法の管理』から行うことが出来ます。

『お支払い方法追加』をクリックし、入金して欲しいご自分の口座情報を入力していきましょう。

銀行口座の名義は本名半角カナ

銀行口座の登録でつい間違えてしまいそうなのがこの項目。

『銀行口座の名義』の入力ですので、これは口座の名義、つまり受取人であるあなたの名前です。

ヘルプを見ると「三井住友」とか書いてあるのでそこから「三井住友」→「UFJ」→「銀行名」とミスリードしてしまいそう(私がそうでした)ですが、口座名義は当然ご自身の本名。

入力形式は「半角カタカナ+名字名前の間に半角スペース」。他の入力方法で通るのか未確認ですが、とりあえず私はこの形式で通りました。

山田太郎さんだったら「ヤマダ タロウ」と入力。

アカウントの種類(受取人口座種目)

ここはそのまま銀行口座の種目を選んでください。

個人の通帳なら『普通』であることがほとんどだと思います。

銀行コード・支店コード

これは「(銀行名) コード」「(支店名) コード」でネット検索すればすぐわかります。

口座番号(受取人口座番号)

ここもそのままクレジットカードや通帳に書いてある口座番号を打ち込めばいいだけ。

登録してから数日でテスト入金が行われる

銀行口座の登録がミスなく出来ていれば、数日後にGoogleからデポジットと呼ばれる入金確認用のお金が振り込まれます。

その金額をGoogle AdSense上で入力すれば確認は完了。

口座登録を失敗した場合

銀行口座の入力から10日以上経ってもデポジットが入金されないなら、口座情報が間違っている可能性大です。

その場合は再度登録をやり直せばいいだけなのですが、ここで注意。

Google AdSense上で口座情報を修正しても情報が更新されるだけでデポジット入金は行われません!

支払い方法を上書きしても無駄

口座情報の修正自体は再度『お支払い方法を追加』で再入力し『メインのお支払い方法に設定』をすることで可能ではあります。

ただし、この方法だと口座情報が更新されるだけで、デポジットを再度入金してはくれず、いつまで経っても銀行口座の確認が終わりません。

口座を登録し直してもデポジット金額入力画面の入金日時が更新されていないことが確認できるはず。

デポジットを入金してもらうには登録した口座情報を削除する必要があります。

Googleお支払いセンターで口座情報の削除が必須

口座情報を削除は『Googleお支払いセンター』で可能です。

Googleヘルプ:Google お支払いセンターについて

『Googleお支払いセンター』にアクセス後、『お支払い方法』タブに飛ぶと、以前登録した銀行口座の情報があるはずです。

そこにある『削除』をクリックすることで口座情報がクリアされます。その後Google AdSenseに戻り、改めて正しい銀行口座の情報を入力し直しましょう。

このように「一度削除してから登録し直す」ことでデポジットの入金作業を再度行ってくれます。

まとめ

  • 銀行口座の名義はあなたの名前
  • 名前の入力方法は半角カナ+姓名間に半角スペース
  • 登録を間違えた時はGoogleお支払いセンターで情報を一度消去
タイトルとURLをコピーしました