Google AdSenseの審査、WordPressのブログなら確実に通る説

ブログ

Google AdSenseの審査に通るためのコツって検索すると山のように出てきますよね。

やれこうしろ、やれこれはやめろ……。サイトによって言っていることはバラバラ。

Googleはこの手の審査基準は一切明かしてくれないので、どうしてもみんな個人的な経験から来る推測で語りがちです。

私がこれから話すことももちろん経験則になってしまうのですが、これはかなり信憑性が高いのではと思います。

Google AdSenseの審査で確実に合格する方法、それは……。

WordPressでブログを作る」です。

スポンサーリンク

WordPressに移行した途端に合格

このブログは当初無料サービスのライブドアブログで運営していました。

その間、何度もGoogle AdSenseに申請をしたものの、箸にも棒にもかからない日々……。

それがレンタルサーバを借りてWordPressに移行した直後、あっさり審査が通りました。

ブログの記事自体の質は一切変わっていません。変わったところと言えば、デザインがライブドアブログのものから人気テーマの「Cocoon」になったぐらい。

もちろん無料ブログでGoogle AdSenseの審査に合格したところは数え切れないほどあると思いますが、「WordPress製である」というのはかなり評価基準が上がるように思えます。

適当ブログでもWordPressなら合格可能

私はもう1つWordPressのブログを持っていて、それはここよりずっと質が低いのですが、それでも審査に通りました。

Twitterにアップしたイラストを1記事ずつ投稿しているだけの保管庫代わりなブログです。

こっちのブログのように真面目にやる気はないので、Twitterの埋め込みリンクと画質の良いオリジナルサイズのものを貼っただけ。

文章なんてほとんど書いていません。

運営を始めて一ヶ月弱、記事数は20程度でしたがそれでもすんなり合格。

あのブログが通った経験から言えば、マジでWordPressなら確実に合格出来るんじゃないでしょうか。

最低限気をつけたこと

2個目のブログで申請を出す際に一応気をつけたことを書き出してみました。

  • まともなテーマを使う
  • プライバシーポリシーを書く
  • 問い合わせ先を記載

こんだけです。

WordPressは凝ったテーマがいっぱいあるので、それを使うだけでまっとうなブログに見えるので評価が爆上がりするのではないでしょうか。

プライバシーポリシーと問い合わせ先はあったほうが良いでしょう。

よく言われる文字数と更新頻度は一切関係ないと思います。

前述のように文章はほとんど書いてないですし、更新は溜まっていたイラストをまとめて記事化しただけなので。

あとこれは余談ですが、Google AdSenseの審査について調べるとよく出てくる「お行儀の良い審査用ブログで合格してから本ブログを始める」という手法は絶対やめたほうが良いと思います。

Googleさんは合格後も継続して私達のサイトを監視しているので、一度合格すればいいってもんじゃありません。

合格後に方向性を変えたら権利を剥奪された、という展開は十分に有り得ます。

であれば、最初から自分のやりたいようにブログを作って、Google側と折り合いを付けた上で審査に通るブログを模索するほうが長期的に見て健全です。

まとめ

WordPressのブログならGoogle AdSenseの審査に通る

まぁWordPressでブログを作るなら独自ドメインとレンタルサーバを用意する必要があるので、継続したお金がかかってしまいます。

「稼ぎたいのに結局コストかかるんか!」という声も聞こえてきそうですが、WordPressだとできることが増えてブログ運営が楽しいです。

まずは続けることが第一なので、初期投資や趣味にかけるお金だと思ってWordPressでブログを作ってみてはどうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました