【メギド72】共襲イベント『宝玉パンドラ』攻略法。バラムの虚弱でぶん殴れ

メギド72

この記事は超幻獣『宝玉パンドラ』の攻略法について書いています。

シフト時に付与してくれる強力な攻撃力バフを活かして倒す敵で、状態異常付与が必須の相手です。

複数の状態異常を付与できる上に特殊状態『虚弱』でさらにダメージを加速させることができるバラムが攻略の鍵となっています。

スポンサーリンク

宝玉パンドラのステータス

HP攻撃力防御力素早さ
1,200,0001,100669482
クラススタイル種族覚醒ゲージ
ファイターカウンター物体 悪魔6

シフト1

特性ターン終了時、いずれかの状態異常(病気/混乱/呪い/暗闇/束縛)の場合、シフトする
さらに2ターンの間、敵味方全体の攻撃力と状態異常命中率を30%上昇し、スキルを強化
スキル敵単体に攻撃力1.5倍のダメージ
覚醒スキル自身にチャージフォトンとアタックフォトンを追加する
さらに状態異常を治癒する
奥義敵横一列に攻撃力1倍のダメージ
さらに2ターンの間、敵味方全体の防御力と状態異常命中率が30%上昇する

シフト2

特性ターン終了時、状態異常2つ以上の場合、敵全体の攻撃力が300%上昇 覚醒ゲージを+2しシフトする
さらに状態異常が4つ以上の場合、敵全体に防御無視を1回付与する
スキル敵単体に攻撃力1.5倍のダメージ
さらに自身の攻撃力が100%上昇する
覚醒スキル自身にアタックフォトンを2つ追加
さらに2ターンの間、アタックを強化する
奥義自身の状態異常を治癒する
さらに敵全体に攻撃力3倍のダメージ

宝玉パンドラの攻略法

基本方針:状態異常を維持して殴る

パンドラはシフト1→シフト2時に「攻撃力と状態異常命中率30%アップ+スキル強化」を、シフト2→シフト1時に「攻撃力300%アップ+覚醒2上昇」をこちらに付与してくれます。

どちらも状態異常がトリガー。状態異常を維持しつつ、強力な攻撃力バフで膨大なHPを削っていく……というのが攻略の基本です。

各種状態異常で相手の行動を阻害できれば攻撃は怖くないので、まずは回復をほとんど考えず状態異常付与役とアタッカー役で編成を固めましょう。

束縛・暗闇・呪い・感電・めまいが有効

まず必ずかけておきたい状態異常が束縛です。パンドラはシフト2時に強力なバフを自分にかけてくるので束縛で阻止しましょう。

また、シフト1時にはスキルで単体に束縛をかけてきます。シフト時のバフが無効化されてしまうので避けたいところですが、共襲イベントの戦闘は時間が限られているので暗闇で回避を狙うのも手。

さらに、シフト1時の覚醒スキル、シフト2時の覚醒スキル・奥義には状態異常を治癒する効果が含まれています。感電やめまいは通るものの確率が低めなので、まずは呪いで覚醒ゲージの上昇を遅らせるのがいいと思います。

専用霊宝バラムの虚弱が活躍

1人で束縛・めまい・感電を付与できる上に専用霊宝で特殊状態『虚弱』を得たバラムがパンドラ戦では刺さります。

『虚弱』は状態異常・ステータス弱体効果1種につき被ダメージが30%上昇する強力なデバフで、各種耐性が低いパンドラのような相手には特に有効です。

状態異常2種に奥義の全ステータス低下だけでも被ダメ150%アップとなり、編成によってはとんでもないダメージを叩き出すことも。

専用霊宝は比較的作りやすいのでぜひ作成しておきましょう。

相手の束縛は暗闇・感電・かばうや隊形で対策

パンドラ戦で地味に厄介なのがシフト1時に使ってくる束縛。

シフト時の「攻撃力アップ」と「状態異常命中率アップ」を利用しない手はないので、アタッカーにも状態異常付与役にも当たっては欲しくありません。

ただし、6ターンで終了する共襲イベントにおいては攻撃につながらない状態異常耐性や状態異常治癒に枠を割きたくはないので、他の手段で対抗しましょう。

暗闇や感電、特性やオーブ『サタニックリブラ』による確率かばうの他、敵スキルは前列単体攻撃なので後列メギドを攻略の中心にするなどで対策は可能です。

編成について

共襲イベントで効率よく稼ぐにはその時々の『おすすめメギド』を編成することが最重要。

なので「コレ!!」と決まった編成を紹介するのは難しいです。自分の手持ちと『おすすめメギド』を考慮して編成しよう。

『おすすめメギド』は最低でも1人、理想は3人編成したいところ。

編成例①

カスピエルグレモリーアンドラスバラムニバス
地龍帝スムドゥス
※虚弱稼ぎ
サタニックリブラブルーツリー
※呪い
バインドブレイン
※束縛
インサニティ
専用霊宝

バラム・アンドラス・カスピエルで状態異常を付与しつつ、ニバスのスキルで大ダメージを与える編成です。

パンドラのスキルはアンドラスの暗闇と壁役で対処。

束縛はバラムでも付与可能ですが、シフト2になる2ターン目に付与しておきたいのでカスピエルも起用しています。

『サタニックリブラ』も『インサニティ』も常設イベントで入手出来るオーブの中では最高クラスの強さなのでぜひ入手しておきましょう。

理想的な立ち回りは以下の通り。

  • 1ターン目:暗闇付与。できれば束縛も。バラムの覚醒溜めとニバスのスキルレベル上げを並行して行う。
  • 2ターン目:束縛を付与していない場合は最優先。バラムの覚醒を3まで上げる。(シフト移行時の+2で覚醒状態に)
  • 3ターン目:バラムの覚醒スキルとともにニバスの攻撃を始動。

編成例②

オロバスアンドレアルフスバラムガープパイモン
パイロダンサー
※呪い
インサニティグール
※めまい
サタニックリブラリャナンシィ
専用霊宝

オロバス+配布メギドで固めた編成。

オロバスはスキルで束縛、ゲージ2の覚醒スキルで呪いを付与できる上にスナイパーなので束縛を受ける必要がないと、パンドラとの相性がいいです。

アタッカーには連撃のアンドレアルフスをメイン起用。素の攻撃力は低いですが高バフのおかげでかなりのダメージを叩き出せます。

立ち回りとしては、2ターン目までにオロバスへスキルフォトン×2とチャージフォトン×1を渡して状態異常を2つ付与。3ターン目以降はバラムの覚醒スキルを重ねつつアンドレアルフスとパイモンでガンガン殴りましょう。

まとめ

というわけで『宝玉パンドラ』の攻略法でした。

バラムとスキルで束縛・呪い・暗闇を付与できるメギドがいればソロ撃破も容易で、比較的難易度の低い超幻獣だと思います。

タイトルとURLをコピーしました