【シャニマス】『駅むん』と『花めぐる』のDaVi2極編成でTrue攻略が簡単に

アイドルマスターシャイニーカラーズ

私がシャニマスを始めたのはつい2ヶ月前。ですのでTrue攻略はまだまだ難しい……と思いきや、今はもう5割以上確率でTrueエンドを見られるようになっています。

それもこれも無料10連そして『駅むん(駅真乃とも言う)』と『花めぐる』のおかげです。

『駅むん』とは限定sSSRの『【駅線上の日常】櫻木真乃」、『花めぐる』は「【花笑み咲匂う】八宮めぐる』のこと。

さらに『【魔法の階段を上って……】風野灯織』をゲストに加えたイルミネ3枚サポート体制のDaVi2極編成が自分の中で鉄板になっています。

駅むん・花めぐるの強み

『駅むん』はDaVi2属性、『花めぐる』はVoVi2属性と属性が散っているので、一見すると使いづらいように思えるかもしれません。

ですが、どちらもサポートスキルがとても強力です。「ユニットメンバーと一緒に行動した時」発生するユニットマスタリー持ちでもあるので、組み合わせることでさらに凶悪になります。

マスタリー体力

まず、「一緒に行動した時に体力を回復」という効果のマスタリー体力が超強い。

このゲームは体力の上限も行動したときの体力消費も一定なので、行動回数が限られてきます。その中で体力消費を抑え、実質的に行動回数を増やしてくれるマスタリー体力は心強い存在です。

特にDaとViレッスンの体力消費を抑えてくれる『駅むん』はDaVi2極編成の最適解。私は無凸なので1/3減少程度ですが、3凸まで行くと体力消費なしでレッスンができるようになるそうです。なにそれ怖い。

ユニットマスタリー

そして、行動した場所にユニットメンバーがいると発生するユニットマスタリーも便利です。

『駅むん』はSP、『花めぐる』はVoViステがアップします。3人揃っている時はもう「イルミネ最高!」と叫ばざるを得ない。

雑誌撮影もイルミネ集結時は選択の候補に入ってくるので行動の無駄が減らせます。

オーディションマスタリー

『駅むん』はともかく『花めぐる』は微妙じゃね……?と思われるかも知れませんが、めぐるは真乃にはないオーディションマスタリーMeを持っています。

これはオーディションで1位を取った時に追加でメンタルがアップするもので『花めぐる』の場合は無凸で上限のLv6になります。

True攻略の場合はだいたい8回はオーディションを受けるはずなので、1位を6回取っただとしても36アップでラジオ2回ぶんぐらいは稼げます。

私はさらにオデマスSP持ちの灯織を編成することでオーディションでメンタルとSPを稼ぐ方針にしています。そのぶんラジオ・トークを減らしレッスンの回数を増やす狙いです。

スポンサーリンク

2属性のサポートライブスキル

この2人はオーディションにおいても強力です。ライブスキルが『駅むん』は「Dance&Visual2倍アピール」、『花めぐる』が「Vocal&Visual2倍アピール」となっています。

2倍と2倍で実質4倍。しかもステータスは通常のSSR通りなのでいい数字を叩き込んでくれます。

そして何より、2属性でExcellentが取れるというのが汎用性が高くてヤバイ。(もちろんExcellentボーナスが適用されるのは片方の一致属性だけですが)

サポートアイドルの火力は基本的にプロデュースアイドルに劣ります。ですが、この二人の場合はかなり信頼できます。W.I.N.G時であれば1万超出してくれます。

『花めぐる』はVocalが入っていて微妙では?な感じがしますが、「W.I.N.G.準決勝での流1Vo」や「W.I.N.G.決勝で流1Voラストアピール狙い」など、Vo審査員を殴りたいときに役立ってくれます。

最後に

『駅むん』『花めぐる』のDaVi2極編成の強みは「ファン数50万人達成」がめちゃくちゃ安定するところです。

よくW.I.N.G.が運ゲーと言われていますが、個人的にはその前のファン数達成が意外と鬼門なんですよね。1極だとシーズン4が辛い。

その他、凸で開放されるバフも低確率ながら高倍率が3回まで発生とグレフェスでも役立ちそうな感じで、いまさら『駅むん』達のヤバさを理解できました。せめて2凸はしておきたかった……というのが今の本音です。

おそらく近いうちに同シリーズの灯織sSSRが登場するはずなので、これは絶対に引いておきたい。

アイドルマスター シャイニーカラーズ ファーストガイドブック
KADOKAWA (2018-06-06)
売り上げランキング: 11,711