【シャニマス】Vi1極でSランク攻略【Pカップ向け】

シャニマス/W.I.N.G.攻略

今回はWING編でSランクアイドルを育成する方法について書いていきます。

SランクはTrue達成条件の倍、ファン数100万人で到達するアイドルランクの頂点。

Sランクアイドルの育成は様々なメリットがあるので、True達成が安定するようになったプロデューサーはチャレンジしてみてはどうでしょうか。

当然、Aランクアイドル育成より難易度が高いです。まだTrue endがなかなか見られないという人は以下の記事を参考にどうぞ。

スポンサーリンク

Sランクアイドルを目指すメリット

そもそも、なぜSランクアイドルを育成する必要があるのか?という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

ですのでSランク達成のメリットをまとめてみました。

ミッション報酬がSSR確定ガシャチケ

スペシャルミッションの1つに「Sランクアイドルを育成する」というものがあります。

このミッションの達成報酬はなんとSSR確定ガシャチケット

なのでその他のメリットに興味がなくとも、最低1回はSランクアイドルを育成してこのミッションを達成するべきだと思います。

トレチケ稼ぎ

何かと不足しがちなトレチケ。プロデュース終了時にドロップしますが、これはプレイ内容によって増減します。

Sランク達成と最上位オーディションの合格でアイテムドロップの数と質は上昇。時間があるならSランク周回をしてトレチケ集めをするのもアリです。

トレチケだけが目的の場合はファン感謝祭のほうが効率がいいかも?

レアEXスキル獲得及びスキル枠開放

プロデュース終了時、ランダムで貰えるEXスキル。

これはアイドルのランクが高ければ高いほどレアリティの良いものがドロップしやすくなる、と言われています。

具体的なデータや解析があるわけではないですが、Sランク周回していると体感でもわかるレベルでレアEXスキルのドロップ率は高いです。

また、プロデュースアイドルのEXスキル枠は累計獲得ファン数でアンロックされます。

良いレアリティのEXスキルを複数つければTrue攻略やSランク周回はさらに安定、グレフェスの育成も捗るといいことだらけ。ゲーム部分を積極的に遊ぶなら極めるべき要素です。

ボックスイベのポイント稼ぎ

プロデュースでポイントを貯めガシャを回す、いわゆるボックスガシャのイベントにおいてもSランク育成は効率良くポイントを集められます。

前述のトレチケやEXスキル稼ぎと並行して行えるので、ボックスイベント開催時はSランク周回をするのがオススメ。

対Pカップ

プロデューサー同士で担当アイドルの獲得ファン数を競い合う、血で血を洗う戦いことプロデューサーカップ。

ここで上位を狙う場合は当然100万人超えのファンを安定して獲得し続ける必要があります。

また、上位を狙わずともイベント報酬の確保に結構な数字が要求されるので、Sランクの立ち回り方を知っておくほうが効率的です。

Vi1極がおすすめの理由

Sランク育成でVi特化が推奨される理由として「最上位オーディションで合格しやすい」というのがあります。

20万オデ「七彩メモリーズ」はスピア型が流1のVo属性のみ。また、変遷型はVo・Da属性が1人ずつのため、流1・2Viの時だけでなく属性不一致2位狙いも安定します。

30万オーディション「歌姫楽宴」は2人いる変遷型がどちらもDa属性なのでDa特化は不利。相当な編成でない限りは、ViかVo特化で流2が特化の時ぐらいしか合格が見込めません。

というわけでどちらのオーディションも合格しやすいVi特化がオススメというわけです。

編成について

今回は以下のVi1極編成でSランクアイドルを育成してみました。一応恒常縛りにしています。

選出理由としては下記の通り。

  • 甜花ちゃん:SSRの4凸スキル枠
  • ハロー三峰:ラジマスViが非常に優秀
  • ふれんど凛世:Viステが高くオデで活躍
  • 金魚霧子:2倍及び4凸スキル枠
  • 階段灯織:オデマスSP目当て
今回の編成はプロデュースアイドルのライブスキルに頼らずともSランクが狙える前提で組んでいます。お目当てのアイドルにVi属性ライブスキル持ちのカードがある場合、SSR4凸スキル枠は必須ではありません。

Sランクで1番気をつけることは「サポートアイドルのレベルをしっかり上げておく」。コレに尽きると思います。

もちろん強いSSRを使うに越したことはありませんが、Sランク狙いの場合はシーズン3以降はずっとオーディション漬けでサポートスキルも活かしづらいです。

プロデュースアイドルを育成している暇がないので、出来るだけサポートアイドルのステータスを高くしてオーディションで頑張ってもらいましょう。

また、通常プレイに比べ「ビジュアルマスタリーVi」の価値は下がります。

レッスンのほとんどをラジオとトークで過ごすことになるので、こちらで発動するサポートスキルを持っているサポートアイドルが活躍するはずです。

スポンサーリンク

プロデュースの流れ

Sランク狙いの大まかな流れは以下の通り。

  • シーズン1・2で育成
  • シーズン3以降はひたすらオーディション

単純にSランク狙いなのかひたすらファンを稼ぎたいのかで終盤の立ち回りは変わってきますが、シーズン3までの流れは共通で良いかと思います。

シーズン1・2

基本的にはラジオとトークだけ選びます。

ビジュアルレッスンはマスタリーViでガッツリ上げられる時にだけ行いましょう。多くても2回やれば十分です。

サポートイベントによるパラメータアップも非常に重要なので、全員絆ゲージを黄色まで上げて発生率を上げておきたいところ。

シーズン2終了時のステータス。ライブスキルは3つ取得。

シーズン3

ここからはずっとオーディションを受け続け、シーズン3内でファンを40万人稼ぎます。

4万オデ「SPOT LIGHTのせいにして…」は流1スピアのVo夏葉がいるので注意。流行1位・2位にVi審査員がいる場合はそこにスピア、Vi審査員が流行3位の場合は流2スピアで合格を狙いましょう。

5万オデ「踊っていいとも?増刊号」は流1スピアのライバルがいないので、流行1位・2位にVi審査員がいる場合はそこにスピア、Vi審査員が流行3位の場合は流1スピアしていきます。

シーズン3終了時のステータス。

シーズン4

10万オデ「THE LEGEND」を1週目で受けますが、Viが流行3位の場合は安定を取って5万人オデに逃げるか育成に使うのがオススメです。

20万オデ「七彩メモリーズ」はViが流行1位・2位もしくは流行不一致2位スピアでも合格が狙えます。むしろ流1Viは変遷型の2人が1ターン目にアピールしてガッツリ減らしてくるので、初期手札が悪い場合は流2スピアを狙うのも手。

単純にSランクを狙うだけの場合は上記2つのオデで完結します。トレチケ・ファン・ボックスP稼ぎの場合は「歌姫楽宴」にもチャレンジしましょう。

30万オーディション「歌姫楽宴」は今回の編成だと流1Viでも勝つのが難しいです。スピアのいない流2がViの時だけ受けるべきだと思います。

なので流2Vi以外の時は「七彩メモリーズ」で着実にファンを稼ぐのがオススメ。

WING本戦

トレチケ・ボックスP稼ぎも兼ねている時は優勝まで目指しましょう。

それ以外ではわざと負けるのも手。

まとめ

というわけで、Sランク育成の方法について書いてみました。

100万人達成まではサポートアイドルの育成さえしっかりしていれば十分安定するかと思います。200万人超えはかなりの運ゲー。