【シャニマス】ぶらり旅編成ってアンティーカ以外のユニットじゃ駄目なの?

シャニマス/グレフェス攻略

シャニマス無料10連で始めた同期プロデューサーさん、ちゃんとプレイ続けてますか?

私はTrue達成がかなり安定してきたので次はついにグレフェスへ本腰を入れるべきか、と思い悩んでいる次第であります。

で、グレフェスといえばよく耳にするのが『ぶらり旅編成』というやつですね。

グレフェス上位をほぼ独占しているこの編成のキモはその名の通りsSR『【咲耶と摩美々のぶらり旅】白瀬咲耶』のライブスキル。

「審査員に興味ダウン(要は防御力アップ)を付与して生存ターンを伸ばしスコアを稼ぐ」というところまでは初心者の私でも知っているのですが、ここで1つ疑問が。

『ぶらり旅』はサポートアイドルのライブスキルなのでどんな編成にも組み込むことは可能。なのになぜみんなアンティーカ編成&咲耶センターなのか?ということです。

ですので今回は、グレフェスの研究がてら現環境を席巻している『アンティーカぶらり旅編成』について調べました。

※現状グレード5の人間が実際には編成を作らずに見聞きしたことをまとめているだけなので、間違っている点があったらごめんなさい。

スポンサーリンク

アンティーカのリンクアピールが強い

まず、「ぶらり旅」でフェスが長期戦になることでのメリットの1つにリンクアピールが連発できるというものがあります。

このリンクアピール、3人組ユニットより5人組ユニットのほうが達成が難しいぶん効果が強力です。

比較してみると、イルミネのリンク効果はバフなら2属性50%アップ・追撃なら2属性1倍アピール程度に対し、アンティーカや放クラはバフ1属性150%アップ・追撃1属性3倍アピールと、だいぶ差があります。

ターンが長引くほど5人組ユニットのリンクアピール達成が困難という欠点は解消されるため、『ぶらり旅』との相性は良いと言えます。

ちなみにシャニマスはユニットごとに性能の個性付けがされており、アンティーカは総じて中長期戦向けの能力が多く設定されています。

バフ効果のリンクアピールが多いというのもその傾向の1つで、『ぶらり旅』と同じDa属性の150%リンクバフを摩美々・三峰・霧子の3人が発動可能です。

※同じく5人組ユニットの放クラは速攻型の性能で、リンクバフ自体凛世しかできない。

そのため、『ぶらり旅編成』であればアンティーカのDa1極で組むというのが自然になってきます。

ファンサ咲耶の思い出アピールが強い

その強力なリンクバフを利用して審査員をふっ飛ばすのが主な狙いになるわけですが、『ぶらり旅編成』ではライブスキルではなく思い出アピールがメイン火力となっています。

そして、その思い出アピールの役割を担うセンターにpSRの『【秘めやかファンサービス】白瀬咲耶』が起用される理由もリンクアピールが関係しています。

というのもこのカードはリンクアピールを含めた思い出アピールの火力がトップクラスだからです。

この咲耶のLv.5思い出アピールはアピール後に「Da70%アップ(3ターン)」のバフが付きます。そしてリンクアピールの効果は「Da3倍アピール」

思い出アピールで3人殴った後にバフをかけたDa3倍アピールでまた3人に殴りかかるわけです。火力だけ見たら大半のpSSRをも上回ります。

Da属性でこのレベルの火力を出せるのは現状この咲耶と霧子のみ。

そして霧子にはDa150%アップのリンクアピールを持っているカードがあるため、センターは咲耶が適任となります。

※最近追加された恒常pSSR浴衣咲耶の思い出アピールはdaバフがないもののリンクアピールは同じくDa3倍。基本スペックは当然こちらのほうが高く、メランコリー効果によるメンタルの調整(後述)もできるので、今後は浴衣咲耶を使う人の方が増えるのかもしれません。

スポンサーリンク

sSSR摩美々のパッシブスキルが強い

そして『ぶらり旅編成』の強さを盤石なものにしているのが『【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々』の2凸パッシブスキルです。

効果はなんと驚異のDa100%アップ。パッシブスキルで100%アップは現状この摩美々とpSSR摩美々にしか存在しません。

しかも発動条件が「メンタル49%以下」。つまり中盤以降にならないと満たせません。まさに『ぶらり旅編成』におあつらえ向き。

これに関連して「Daバフ+被ダメ上昇」のライブスキルを持つ「 【ビ〜♡バップ海岸】SR恋鐘 」というpSRがあり、被ダメ上昇のデメリットがこのパッシブスキルの発生条件を満たす補助にもなるためこれまた相性抜群です。

『ぶらり旅』で遅延しリンクアピールでバフを重ねがけ。その頃にはメンタルが半分以下になっており(運が良ければ)このパッシブスキルが多重発動。思い出アピールで3人を吹き飛ばす……というのが『ぶらり旅編成』の全容のようですね。

理論上はリンクバフ150%×3+パッシブスキル100%×4=850%もあり得ます。そりゃ強い。

ちなみにこの摩美々はサポートスキル「ユニットマスタリーDa」を持っており、アンティーカメンバーのDa一極育成としても有用です。ますますアンティーカ編成にしない理由がありません。

結論:ぶらり旅とアンティーカは相性抜群

Q. 『ぶらり旅編成』ってアンティーカ以外でできないの?

A. 編成自体は可能。ただ『ぶらり旅編成』は長期戦に持ち込んでスコアを稼ぐ戦法であり、耐久戦向きのアンティーカで組むのが最適。

咲耶の思い出アピールのDa火力・強力かつ豊富なリンクDaバフ・コンセプトに合致したDa最強パッシブスキル&アンティーカ育成サポートと、『ぶらり旅編成』に必要な要素がアンティーカの面々に詰まっています。

まぁそもそも咲耶のカードなのでアンティーカ向きの性能になるのは必然なんですよね。

アルスト編成など、アンティーカ以外のユニットでも『ぶらり旅』を採用しているプロデューサーはいますが、アンティーカの編成のように全員に積んでいるようなものはほとんど見かけませんでした。

おそらくはCPUの思い出アピールに合わせて打つような作戦ではないかと思います。

スポンサーリンク

ぶらティーカ編成は(比較的)組みやすい

加えて言えば、アンティーカの『ぶらり旅編成』は編成難易度が低いというのも猛威を奮っている理由の1つでしょう。

思い出アピールがメイン火力なのでプロデュースアイドル凸の重要性は低く、pSRで事足ります。(当然トップランカー目指すならsSSRの充実は必須ですが)

現在、一部放クラの編成が『ぶらり旅編成』に対抗しうるものとして上位にも顔を覗かせていますが、こちらは「【とびっきりジンジャー】西城樹里」「【Ring a bell】有栖川夏葉」の限定pSSR4凸が前提条件のため編成難易度がめっちゃ高いです。

最後に

ここまで調べておいてなんですが、私はこの『アンティーカぶらり旅編成』を作る気は今のところありません。(そもそも摩美々が1凸止まり)

ストレイライトのpSSRが揃ったら本気出します。

タイトルとURLをコピーしました