【MTGアリーナ】リミテッドとは?参加方法やランクについて解説

MTG

この記事では『MTGアリーナ』のリミテッドについて解説しています。

MTGアリーナにはランキングシステムが導入されており、「構築」と「リミテッド」の2種類が存在しています。

このうち、リミテッドについてはよくわかっていない初心者の方も多いのではないでしょうか。

事実、私がこのゲームを始めた頃は、リミテッドランクが何なのか、そもそもリミテッドとは何なのかすら理解しておらず、ブロンズランクのまま放置していました。

なので今回はリミテッドの意味や遊び方、ランクについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

リミテッドとは

リミテッドとはマジック・ザ・ギャザリングのプレイ方法の1つ。

MTGの遊び方は大きく分けて『構築』と『リミテッド』の2つが存在しています。

『構築』は「自分が持っているカードでデッキを作り対戦する」というカードゲームでは最も一般的な遊び方のこと。

それに対し、『リミテッド』は「その場でパックを開けて出てきたカードのみを使って対戦する」という一風変わった遊び方のことを指します。

MTGではこのリミテッドも人気が高く、遊び方の1つとして確立しています。

リミテッドのルールはローカル的なものも含めると様々ありますが、『ブースタードラフト』『シールド』の2つが一般的で、MTGアリーナでも実装済みです。

ブースタードラフトについて

ブースタードラフトは通常8人1組で行う遊び方です。

まず、それぞれパックを開封。中身を確認し15枚の中から「これだ!」と思った1枚を選択します。

カードを選ぶことを「ピックする」と言ったりもする。

カードを選んだら、残った14枚のカード束を隣のプレイヤーに渡し、逆に自分は反対側のプレイヤーから1枚ピック済みで14枚のカード束を受け取ります。

そこからまた1枚ピックして隣に回し、またカード束を受け取り……を3パックぶん繰り返し、ピックしたカードと基本土地のみで組んだデッキで対戦する、という遊び方です。

MTGアリーナではこのドラフト方式がリミテッドランクの対象。

シールドについて

シールドはその場でパックを開けて出てきたカードと基本土地で40枚のデッキを作り対戦するという遊び方です。

使用するパックは6つが主流。

ドラフトよりシンプルで時間もかかりませんが、パック運に大きく左右される方式とも言えます。

MTGアリーナではこのシールド戦はリミテッドランクの対象外。

MTGアリーナにおけるリミテッド

次に、MTGアリーナ内でのリミテッドについて解説していきます。

イベントから参加可能

リミテッド戦は『プレイ』画面上部の『イベント』から選択可能です。

リミテッドランクについて

リミテッドにおいても構築と同様、ランキングシステムが存在しています。

ランキングの仕様もほぼ同じで、ブロンズからミシックまでのランクが存在し、ランク戦の勝敗でポイントが増減。

月末にシーズンが終了し、ランクごとに報酬が貰える……というところも構築のランクと一緒です。

ランク報酬で貰えるカードスタイルは構築のランク報酬と同一なので、スタイル目当てに両方プラチナランク以上を目指す必要はありません。

遊べるリミテッド戦は4種類

MTGアリーナで遊べるリミテッドの方式は以下の4つ。

ルール名マッチ数ランキング
プレミア・ドラフトBO1対象
クイック・ドラフトBO1対象
マッチ・ドラフトBO3対象外
シールドBO1対象外

BOとは「Best of〜」の略で最大試合数を表しています。BO3なら最大3戦の2本先取という意味。

ランキング対象はBO1ドラフトのみ

4つ存在するリミテッドイベントのうち、ランク戦の対象となっているのは『プレミア・ドラフト』『クイック・ドラフト』の2種類のみとなっています。

BO3の『マッチ・ドラフト』と『シールド』はランキング対象外なので注意。

参加費が必要

構築戦と違い、リミテッドには参加費用が必要。

ランク対象の『プレミア・ドラフト』なら1500ジェムもしくは1万ゴールド『クイック・ドラフト』なら750ジェムもしくは5000ゴールドを支払うことで参加できます。

参加費は高めですが、勝利数に応じてジェムとパックが貰えるのでプラス収支になることも。

規定数勝つか負けるかで終了

リミテッド戦への参加が決定すると、『ドラフト』ならピック、『シールド』ならパックの開封が行われ、デッキを作成。

その後は自分の好きなタイミングで対戦を楽しむことができます。

リアルのドラフトだとピックの卓を囲んだ人達で対戦を行いますが、MTGアリーナでは卓外のプレイヤーとマッチングします。

そして、規定数勝つか負けるかでリミテッド戦が終了。

BO1の『ドラフト』なら7勝か3敗するまでプレイ可能です。

使用カードはコレクションに加わる

リミテッド戦終了後、『ドラフト』でピックしたカード及び『シールド』でパックから出てきた全てのカードは自分の所持カードとして加わります。

勝利数に応じて賞品獲得

リミテッド戦が終わると勝利数に応じて商品のジェムとパックが貰えます。

『プレミア・ドラフト』の場合、獲得ジェムは3勝から1000ジェムと大幅に増え、5勝でなんと参加費を上回る1600ジェムまでアップ。

頑張って勝ちまくれば参加費を回収することも可能というワケです。

まとめ

  • リミテッドとはパックを剥いて出たカードを使って対戦する遊び方。
  • カードを1枚ずつ取り合う『ドラフト』と指定数パックを剥いてデッキを作る『シールド』が主流。
  • MTGアリーナではBO1の『ドラフト』がリミテッドランク戦の対象。
  • 『ドラフト』には参加費が必要だが、使ったカードと勝利数に応じて景品が貰える。