【シャニマス】WING決勝・流行1位Voで流1ラストアピールを獲得する可能性について考える

シャニマス/W.I.N.G.攻略

今回はW.I.N.G.決勝で流行1位Voのラストアピールを獲得する方法について考えてみました。

このゲームが運ゲーと揶揄される最大の原因でもあるWING決勝の流行1位Vo。

よほどの編成でない限り、流行2位トップアピールと流行1位ラストアピールを狙う他ありませんが……。

準決勝ほど試合展開が安定せず、運良くラストアピールを取れたとしても夏葉が6割星まで到達していて結局負けるということも。

もちろん、流行2位3位からもラストアピールが取れれば上回ることは可能ですが、ますます運頼みです。

というわけでこの記事では「夏葉の6割星を阻止しつつ流行1位ラストアピールを獲得する」という方針で書きました。

正直安定させるのは厳しいですが、参考になれば幸いです。

まともに実践するにはガシャ産4凸SSRが必要な難易度だと思います。
スポンサーリンク

流1Voラストアピール獲得が難しい理由

まず、なんでラストアピールを取るのが難しいのか?ということを洗い出してみました。

試合展開が遅い

W.I.N.G.決勝のライバルのうち、流行1位を狙うのは夏葉のみ。

さらに変遷型2人だけなので、準決勝に比べると流行1位審査員の興味値減少ペースが遅いです。

なので流行1のラストアピールタイミングが4、5ターンまでずれ込んでしまいます。

そうなると他の審査員は帰っていたり、ライバルも思い出アピールを打ち始める頃合いなのでアピール順序のコントロールがどんどん難しくなります。

そもそもラストアピール取っても負ける

根本的な問題として、流行1位ラストアピールを取れたとしてもわりと負けます。

というのも、夏葉が6割星まで取る可能性が高いからです。

前述の通り試合展開が遅いため夏葉はアピール回数が増えてしまい、トップアピールはおろか6割星に到達してしまうことが起こりえます。

5回アピールされたら確実、4回アピールでも結構な確率で取られます。

6割星を獲得された場合の夏葉は星数が28となり、流行2位3割星・トップアピール+流行1位ラストアピールの星26を上回ることに。

とはいえ、夏葉にある程度殴ってもらわないとラストアピールを狙える段階まで行けないというのも現実です。

「夏葉のパーフェクトアピールのあとにグッドアピールで殴ればラストアピール取れるやん!」と喜んだのもつかの間、結局6割星を取られて負けるというのがよくあるパターン。

結論:流1LAを奪いつつ夏葉の6割星阻止が必須

まとめると、流行2位狙いでWING優勝を狙うのであれば、流行1位ラストアピールを取る+夏葉が6割星を取らない必要があります。

これはなかなかに難易度が高いです。

だからといって運ゲーだ運ゲーだ嘆いていても仕方ありません。仕様と敵を知ることが勝率を上げる第一歩です。

前知識

まずはオーデションの仕様やWING決勝の設定についておさらいしましょう。

※以下はシャニマス攻略wikiを大いに参考にさせていただいています。

行動順について

オーディションの行動順は以下の通り。

  • アピール判定の良い順から行動(思い出グッドはパーフェクトに相当)
  • アピール判定が同じ場合の優先順位は「プレイヤー>アイドルE>……>アイドルA」

ライバルの行動パターン

各アイドルの行動パターンをまとめました。

アイドル名キャラ行動パターン得意属性
アイドルA樹里変遷(321)Vi
アイドルB凛世流3スピア→流1スピアDa
アイドルC夏葉流1スピア→流2スピアVo
アイドルD千雪変遷(231)Vo
アイドルE真乃流3スピア→流2スピアDa
  • 流行3位スピアのDa属性が2人いる
  • 変遷の2人は3ターン目に1位を狙う

というのは覚えておくと良いと思います。

ライバルの火力

ライバルの火力をパターンごとにまとめました。

実際は審査員のデバフ、3ターン目以降の謎バフで上下します。
アピール判定属性一致属性不一致
パーフェクト139086954
グッド102005100
ノーマル92724636
バッド46362318

なお、審査員の興味値(体力)は72000となっています。

スポンサーリンク

流1LA+6割星阻止のシミュレーション

ここからは数字とにらめっこしつつ、流行1位ラストアピール獲得+夏葉6割星星の可能性について考えてみました。

かなりの机上の空論です。実際はNPCの思い出アピールも絡んでくるのでより複雑化します。

夏葉が4ターン目に6割星を取るパターン

まず、夏葉が4回のアピールで6割星を達成してしまうパターンがどれくらいあるのか調べてみました。

審査員の興味値は72000なので、6割星のラインは42300です。

1ターン目2ターン目3ターン目4ターン目合計値
パターンAパーフェクトパーフェクトパーフェクトバッド46360
パターンBパーフェクトパーフェクトノーマルノーマル46360
パターンCパーフェクトグッドグッドノーマル43580

こうやって見るとかなりの確率で達成されるように思えますね……。

「パーフェクト1回以下」「ノーマル2回以上」「バッド1回」あたりになれば4ターン目での6割星到達の可能性はかなり下がります。

なんにせよ夏葉には4回以上アピールさせたくないところですが、仮に3ターン目までライバルが全てパーフェクトを出したとしても総アピール量は62586止まり。

属性不一致で1万以上のアピール値が要求されるので、3ターン目まで流行2位を殴り4ターン目に夏葉が行動する前にラストアピールを奪う、というのはあまり現実的ではないです。

となれば、自分も削りに参加する必要が出てきます。

つまり、夏葉の6割星を能動的に阻止しつつ流行1位ラストアピールを獲得するには、最初の3ターンで流行2位へのアピール値稼ぎと流行1位の削りを並行して行わなければなりません。

これは流行2位が自身の特化属性であれば実現可能なラインだと思います。

流行2位が特化属性の場合

WING決勝では流行2位をスピアするライバルがおらず3割星が取れたらトップアピールも圏内です。

3割星に必要なアピール値は21300なので、アピール2回ないしは金バフの乗った3倍以上のライブスキルなら1回で突破可能。3ターン目以降の思い出アピールを含めればトップアピールもほぼ確定するはずです。

つまり、3ターンのうち最初の2ターンは流行2位を殴り、3ターン目はライバルのアピール判定を見つつ流行1位を削りに行く、という作戦です。

流行1位審査員へのアピールをシミュレートしてみました。

アイドル名1ターン目2ターン目3ターン目
アイドルA5100
アイドルB
アイドルC139081390810200
アイドルD13908
アイドルE
プレイヤー流2アピ流2アピ8000

3ターン目までの総アピール量は約57000で、残り15000を2回のアピールで削ることができればラストアピール獲得となります。

属性が一致しているなら流行2位へのアピールはサポートのライブスキルでも十分だと思いますので、プロデュースアイドルの強力なライブスキルは流行1位用に取っておきましょう。

こんな感じで早急に流行2位トップアピールを確定ことができれば、4ターン目に向けた調整が可能です。

ただし、これはかなり都合のいい展開です。

ライバルのアピール次第で流行1位の興味値はかなり振れ幅があります。

特に、変遷組の2人の流行1位アピールが3ターン目に固まっている都合上、興味値調整はかなり難しいと言わざるを得ません。

例えば、各ライバルのアピール判定がグッドばかりだった場合はこうなります。

アイドル名1ターン目2ターン目3ターン目
アイドルA5100
アイドルB
アイドルC102001020010200
アイドルD10200
アイドルE

3ターン目までのライバル達の総アピール量は45900に留まり、残り興味値は約26000。

この場合は4ターン目に夏葉が6割星を取らないことを祈りつつ、5ターン目での流行1位ラストアピールを狙ったほうが良いと思います。

流行2位が特化属性でない場合

流行2位が特化属性でない場合はますます難易度が上がります。

「流行2位スピアがいないので2位トップアピールが取りやすい」とは言いますがそれは自分が流行2位スピアをするからであって、1位の削りまで手は回りにくいです。

夏葉の6割星阻止は運に任せて、まずは流行2位の3割星を確定させることを優先したほうが良いかもしれません。

流行3位がDaの場合の注意点

WING決勝で流行1位ラストアピールを狙う場合、流行3位がDaだと注意が必要です。

流行3位スピアのDa属性アイドルが2人(真乃・凛世)いるため、流行3位がDa属性だと早くて3ターン途中で審査員が帰る可能性があります。

問題はその後流行1位スピアに切り替わる凛世。

行動優先度も真乃>凛世なので、「真乃の先手アピールで流行3位審査員が帰る→凛世が流行1位に切り替わる」という流れで興味値調整が乱されないよう注意しましょう。

まとめると、流行3位がDa属性の時は3ターン目からDa審査員の残り興味値と真乃凛世のアピールを確認する必要が出てきます。

属性・流行別行動指針まとめ

話がややこしくなってきたので、属性と流行別に「こうすれば流行1位ラストアピールが取れる(かも)」という立ち回り方をまとめてみました。

Da1極編成

流行VoDaVi

流行3位審査員が帰るまで猶予があるので、流行2位トップアピールの確保は流行1位ラストアピールを取った後でも可能と思われる。

最初の3ターンは流行2位に1回・流行1位に2回アピールし、4ターン目思い出アピールで流行1位ラストアピール獲得。5ターン目に流行2位アピールでトップアピールも確定させる、というのが基本線か。

流行VoViDa

下手に動こうとはせずに2位トップアピールを確定させたほうが無難。

夏葉が4ターン目に6割星を取らないことを祈りつつ、4ターン目夏葉行動後もしくは5ターン目先手での流行1位ラストアピールを狙う。

Vi1極編成

流行VoDaVi

流行2位トップアピールの確保が困難+流行3位の帰宅が遅く、夏葉の6割星ゲットの確率がかなり高い。

一番不利な組み合わせだと思う。

流行VoViDa

流行2位トップアピールはアピール2回+思い出アピールで確保できるはず。

よってDa1極のVoDaViと同様に、流行1位の削りに参加し4ターン目での流行1位トップアピールを狙いたい。

流行3位がDaなので3ターン目以降は凛世の動きに注意。逆に4ターン目で「凛世→プレイヤー→夏葉」という行動順になり、削りに利用できる場面も。

まとめ

夏葉が6割星を取らないことを祈りつつ流行1位ラストアピールを狙う。

色々考えてみましたが、やっぱり安定させるというのは難しいですね。

ラストアピール取るだけなら夏葉に削ってもらえばいいんですが、そうなると6割星の可能性が怖い。

パターン化は難しいので、前知識に書いた情報を頭に叩き込んだ上で1ターンずつ考えて動くのが一番でしょうか。

編成が強ければ強いほど勝率は上がりますが、それが組める資産ならDaVi2極で2位3位トップアピールを狙うか、夏葉を上回るVo1極でぶちのめすほうが無難な気がします。

タイトルとURLをコピーしました