Undertaleの平行世界?『DELTARUNE』チャプター1で個人的に気になったこと

ゲームレビュー

※本記事は『Undertale』及び『DELTARUNE』のネタバレを含まれています。

2018年10月31日、ハロウィンで世界が騒がしい中、Undertale公式Twitterアカウントが突如公開した謎のゲーム『DELTARUNE』。

『Undertale』の前日譚のような…続編のような…。ネタバレ解禁後にはTwitterで多くのユーザーの考察・憶測が飛び交っていました。

その後、作者であるtobyfoxがこの作品についてのQ&Aを発表。

作者本人から、この2つのゲームは別の独立したゲームであると宣言されました。

僕から言えるのは、このゲームの世界は『UNDERTALE』の世界ではないということ。
(中略)
別の言い方をすれば、『DELTARUNE』の世界は、『UNDERTALE』とは別の世界ということ。
そこに住むのは、別の人生を歩んできた別のキャラクターたちで、そこで繰り広げられるのは、まったく新しい別の物語です。

Gルート後のPルートの続編、主人公のクリス=キャラなど、不穏な展開はとりあえず否定されました。

しかし、同じキャラクター・似た世界観を使っている以上はそこに何か意図があるはず。というわけで、今回は『DELTARUNE』チャプター1時点で個人的に気になったところをまとめてみました。

考察と呼べるものではない無根拠な妄想が含まれていますのでご注意ください。

スポンサーリンク

導入

1

初っ端からインパクトを与えてきた導入部分。謎の存在の指示により「器」のメイキングをさせられたかと思ったら、即座にそれを破棄されクリスが操作キャラクターとなります。

これはプレイヤーのソウル?がいちキャラクターであったクリスに入り込んだ、と考えて妥当ではないかと思います。

最初クリスの名前であったセーブデータが上書きすることで「器」の作り手=プレイヤーになることがなによりの証拠ではないでしょうか。

無題

無題

クリス

本作の主人公であろうクリス。綴りが「KRIS」で『Undertale』の主人公「FRISK」と似通っているというのも何か意味深ですね。

そんなクリスの見た目を改めて確認。

1

目が影で隠れており暗い表情に見えます。同じく無口無表情のフリスクも目はしっかり描かれていたため、クリスに対してはやはりネガティブな印象を受けます。

さらに服があのキャラと同じということでとにかく不穏な感じ。闇の世界での服装だとフリスク柄のマフラーをしているため、普段のクリス=悪なのではないかということをあからさまに訴えかけてきているようですが……。

個人的には露骨すぎてミスリードを誘っているように感じます。あの作者がそんなわかりやすい演出するとは思えない(メタ)。

また、クラスメイトや街の住民との会話を聞く限りはまともな関係を築けているように見えます。

そしてクリスといえば何と言ってもあのラストシーン。

無題

キャラとGルート後のPルートラストシーンを彷彿とさせますが、個人的には違うと思います。

前述の通りクリスにプレイヤーのソウルが入り込み操作していると考えると、あの放り投げた赤いハートはプレイヤーのソウルとなります。

そしてこの鳥かごに入れられたソウル、実は操作できます。

1

自分を操っている異物を追い出しプレイヤーに対して敵意を向けているように私には見えました。

ラルセイ(アズリエル)

『DELTARUNE』には『UnderTale』のアズリエルだと思われる人物が2人登場しています。

1

1人はクリスの兄弟的な存在として会話の中でのみ出てきたアズリエル。

1

もう1人は闇の国の王子、ラルセイ。名前はAsrielのアナグラムになっていますし、最後に見せた素顔はどう見ても私達の知るアズリエルです。

ですが、この2人が同一人物なのかと言うと少し疑問もあります。

ラルセイが素顔を明かした時もクリスはノーリアクションでした。まぁこれはプレイヤーに操作されているからかも知れませんが、ラルセイ側もクリスに対して一切言及しなかったので、既知の関係には見えませんでした。

ただ気になるのはこの時のスージィのリアクションです。

無題

大げさと言っていいほど驚いています。これは「現実世界で見知っているアズリエルと瓜二つ」だから驚いているのかはたまた別の理由があるのかちょっとわかりませんでした。

あと、大学生であるアズリエルに対してラルセイはちょっと幼いような……?まぁ飛び級で大学行ったのかもしれませんし、モンスターがどういう成長の仕方をするのか全くわかりませんので憶測です。

現段階での個人的な結論としては「現実世界のアズリエルと同じ姿をしているが別の存在」じゃないのかなと思いました。

妄想:闇の世界はラルセイの空想が作り出した遊び場?

ラルセイは出会いの場面で自分が闇の国の王子だと名乗りますが、ここにもちょっと疑問があります。

闇の国の王子ってランサーのことなんじゃないんでしょうか?

王は4人いると言う話なので、闇の国の王子も4人は存在することになります。ラルセイもそのうちの一人であると考えることもできますが、ランサーもパパ上もラルセイが王子であるということに触れる発言はしていません。

そして、ダークナーと呼ばれている種族はトランプやロボット、チェスの駒などおもちゃがモチーフになっていますが、アズリエルと同じ見た目のラルセイは当然ヤギがモチーフです。動物をモチーフにしているのはモンスターですので、そもそもラルセイが闇の世界の住人であることすら疑わしいです。

ではラルセイって何者なんでしょうか。

それでふと思いついたのが、「闇の世界はラルセイ(アズリエル)が生み出した異世界」説です。

何らかの力でラルセイは闇の世界を作った(あやふや)。クリスとスージィはラルセイの作ったゲームに招待されただけです。

ラルセイが創造主かつゲームマスターで、クリスとスージィにあれこれレクチャーしながら自分の世界を遊んでもらおうとしていた、そんな印象を受けたのは私だけでしょうか。

無題

曰く世界の危機らしいのに最初キャラ作りしてるラルセイ。

無題

DELTARUNEの伝説がえらいコッテコテな内容なのもラルセイ作だから。

あのマークもオカンがよく着ている服のデザインを流用しただけで特に意味はなし。

旅の最後、闇の泉を止めることや天使の楽園云々も有耶無耶になっていて、ただ来て帰っただけみたいになっているのも道中を楽しんでもらうのが目的だったから。

なぜクリスとスージィが選ばれたのかは、やはりお互い知り合いだったからでは。フードで正体を隠していたのも自分だとバレたくなかった、だからスージィもラルセイの顔を見て驚いた、と一応筋は通ります。

「ラルセイ(アズリエル)の作った『UnderTale』をプレイしている」というメタ構造になっている、と捉えるのも面白いかも。

「モンスターを倒しすぎると悪いことになるかも」と露骨にGルートを匂わせる発言をしておいて決局分岐がない(それどころかモンスターを倒すことも出来ず「EXP」を稼げない)のも、優しいアズリエルが作った『UnderTale』だからと考えると合点がいきます。

ただこう考えると最初の導入と闇の世界が結びつかなくなりますが、もしかしたら全く別個の話なのかもしれません。

最後に

妄想をダラダラと垂れ流してみました。

なにやらすごくGルート絡みやキャラの存在や黒幕ガスターを意識させる要素が多いんですが、あからさますぎて逆に怪しいんですよね。

そんな安直な攻め方してくる作者だとは思えない(メタ)。

まぁチャプター1時点でゲームの本筋が見えるわけもありませんし、考察という名の妄想ごっこをやってみました。

なんにせよ、完全版のリリースを気長に待つこととします。

タイトルとURLをコピーしました