【メギド72】ステージ39『ケツアルコアトル』難易度VH攻略。バリアと蘇生でしぶとく生きろ!

メギド72/メインクエスト攻略

今回は5章ステージ39ボス『ケツアルコアトル』難易度ベリーハードの攻略法について書いていきます。

非常に攻撃力の高い取り巻きと、その取り巻きがいる限りダメージが通らない&奥義で取り巻きを組成してくるボスの組み合わせが厄介な難所。

防御をガッチリと固めた上で慎重に対応していくのが全員生存クリアのコツです。

スポンサーリンク

ケツアルコアトルの攻略法

ボスの『ケツアルコアトル』は2連撃+強化解除のスキル以外は、全体蘇生の奥義に実質奥義の覚醒スキルとサポート型。

取り巻きが残っている時はあまりフォトンが回してもらえないので基本放置ですが、特性により確率でスキルフォトンが湧いてくることは頭に入れておきましょう。

また、覚醒ゲージが短いためダメージが与えられる残り1体になったらすぐ奥義まで持っていかれます。

蘇生のスキを与えず一気に倒すか何度も蘇生されること前提で耐久するか、ハッキリさせておくべきでしょう。

そして、このステージで厄介なのは取り巻きの『バレットワーム』

非常に攻撃力が高く、覚醒スキルと奥義なら盾メギドであっても2発は耐えられないレベルです。

そのぶん重い反動ダメージがデメリットとして付いていますが、ボスの存在がそのデメリットを帳消しにしています。

この強力な攻撃にどう対処するかが重要。

バリアや無敵で耐久

バレットワームの攻撃は非常に強力なため、生半可なダメージ軽減では防ぎ切ることもできません。

ですが、幸いすべて単発攻撃なので回数バリアが有効。

特にアムドゥスキアスがいるならワントップ編成にして囮に毎ターンバリアを貼り続けるだけでかなり安定させられます。

アムドゥスキアスがいない場合は、列を揃えて攻撃を散らしつつオーブ『ホーリーフェイク』フリアエのスキルで耐えるというのも有効。

ロノウェ奥義やオーブ『ケイブキーパー』の無敵も有効ではありますが、確率で飛んでくるボスの強化解除でプランが崩されるため過信は禁物。

取り巻きの数を減らす

『ケツアルコアトル』の性質上「取り巻きはまとめて倒し、蘇生される前に猛攻をかける」としたいところですが、取り巻きの数が多いとそれだけ耐久が難しくなります。

特に3ターン目以降は取り巻きの特性によって奥義や覚醒スキルがバンバン飛んでくるので、回数バリアでも防ぎきれません。

安定して耐久するためには3ターン1巡目までには1体減らしておきたいところ。

もちろん、減らしすぎるとボスの行動機会が増えて蘇生奥義を打たれる可能性が高まります。攻勢に出るタイミングはよく見計らいましょう。

蘇生オーブを用意

いくら守りを固めても、同じメギドが続けて2回殴られたらあっさり死亡。

このステージに関しては「誰も死なせない」ことを最優先で考えるより、死ぬこともあると割り切り蘇生手段を確保しておくのがオススメです。

蘇生の方法としてはガチャ産のバーストオーブ『メイジマーマン』がベストですが、常設イベント「ソロモン誘拐事件・逃走編」で入手可能な『ソルシエール』でも代用可能です。

完殺も有効

付与手段は限られますが、蘇生を封じる状態異常『完殺』も非常に有効です。

蘇生を封じ『ケツアルコアトル』のみになればほぼ勝ち確定。合わせて蘇生オーブも用意しておけばゆっくり立て直して全員生存クリアまで持っていけるでしょう。

サルガタナスなら全体に付与できますが覚醒溜めが必要、大幻獣オーブ『地龍帝スムドゥス』なら1体ずつ付与する必要があると一長一短ですが、確実に敵の数を減らせるので序盤さえ乗り切れば安定します。

スポンサーリンク

編成例と立ち回り

アムドゥスキアス・配布メギド編成

BグシオンガープアムドゥスキアスBニバスヒュトギン
ソルシエールベインチェイサーホーリーフェイクメイジマーマン地龍帝スムドゥス

アムドゥスキアスと配布メギドで固めたワントップ編成。

毎ターン2回バリアを貼るのがノルマですが、それでもガープは落ちるので蘇生オーブとガープがいない時の保険として『ホーリーフェイク』も持たせています。

2ターン目には反動ダメージ多めの取り巻きを『ベインチェイサー』で削っておいて3ターン目出の撃破を狙いましょう。

その後は耐久しつつ反動ダメージで残り1になった敵をニバスの覚醒スキルで一掃し『ベインチェイサー』で着実にボスのHPを削っていきます。

完殺はなくてもクリアできますがあればかなり楽になるので『地龍帝スムドゥス』を入手しておくのがオススメ。

アムドなし後列パ

ヒュトギンCマルコシアスBグシオンCバルバトスBニバス
クラウンプラブナホーリーフェイクメイジマーマンホーリーフェイクインサニティ

アムドゥスキアスがいない人向けの編成。

全員後列編成にして少しでもダメージを抑えつつ列バリアで凌いでいきます。

うまいことバリア持ちのメギドが攻撃されることを祈りながらニバスのスキルで各個撃破。反動ダメージで残り1になっている敵はヒュトギンやマルコシアスの列攻撃で蹴散らしていきましょう。

まとめ

というわけで『ケツアルコアトル』難易度ベリーハードの攻略法でした。

私はこのステージまで蘇生オーブ使うことに謎の拒否感があったんですけど、そこを割り切ったらわりと簡単にクリアできるステージだと思います。