『プライムラジオ』が作業用BGMに最適でおすすめ

ネットサービス

年々新しい特典が追加されている『Amazonプライム』。『プライム・ビデオ』の登場を機に登録した、という方も多いのではないでしょうか。

私がまさにそれです。『プライム・ビデオ』と配送特典目当てで登録したので、それ以外の特典にはいまいち食指が動きませんでした。

『Prime Music』もその1つで、100万曲聴き放題!と言われても逆に膨大すぎて曲を探す気すら出ませんでした。でも、実はそんな人にもオススメの便利な機能があるんです。

それが『プライムラジオ』です。

スポンサーリンク

プライムラジオとは?

『プライムラジオ』は『Amazonプライム』加入者のみ利用できる『Prime Music』の機能の1つです。

『Prime Music』内の曲を「J-POP」や「洋ポップス」、「洋ロック」などの大まかなジャンルに分け、選択したジャンルの曲をランダムに再生し続けてくれます。

スーパーや飲食店で流れている有線放送と同じようなものと思ってください。

プライムラジオの利点

『Prime Music』は登録されている100万曲以上の曲が聴き放題というサービスですが、難点があります。

『Prime Music』では曲名やアーティストを能動的に検索する必要があります。つまり、すでに知っている曲を無料で聴くことしかできません。

聴きたい曲が存在するかどうかもいちいち検索して調べる必要がありますし、そもそも聴きたい曲はすでに購入していることもままあります。また、これではせっかく膨大なライブラリを活かせず、新しい曲やアーティストとの出会いもありません。

一方、『プライムラジオ』は同ジャンルの曲をひたすらに流してくれます。

56786a49

「この曲懐かしいな」「そういえばこのアーティスト聴きたかったんだよな」「CMで使われてて気になってた奴だ」という再会もあれば、「初めて聴いたけどこの曲いいじゃん」という偶然の出会いもあります。

もちろん、即座にアーティストのページに飛ぶことや、気に入った曲はダウンロードして繰り返し聴くことも可能です。

一般的な有線放送とは違い、特に聴く気も出ない曲は自由にスキップできます。さらに、ランダムに流す曲を選別しより自分好みにしてくれる機能もあります。

サムズアップとサムズダウン機能

キャプチャ

『プライムラジオ』には、ユーザーの好みを記憶してくれる機能がついています。再生バーにある親指を立てている2つのボタンがそれです。

いい曲だったらサムズアップ(好き)、気に入らない曲だったらサムズダウン(嫌い)のボタンを押せば『プライムビデオ』側がそれを記憶して、今後のランダム再生に反映してくれます。

とりあえず好きなアーティストだったらサムズアップ、嫌いなアーティストだったらサムズダウンをしておくだけでだいぶ再生の質が良くなると思います。

まとめ

もともと『プライムビデオ』だけで年会費のお釣りが来る『Amazonプライム』ですが、『プライムラジオ』もまた素晴らしいサービスです。

作業中などの「とりあえず音が欲しい」状況でこれ以上のコンテンツはなかなかないと思います。しかも通販サイトの有料会員おまけ特典で。

『Amazonプライム』の年会費は3900円、月額換算で325円。『プライムラジオ』は、すでに加入済みの人はもちろんのこと、これ目的で加入を検討するに足るサービスです。

タイトルとURLをコピーしました