【シャニマス】『サマー・ミーツ・ワンダーランド』で描かれた甘奈と摩美々のやり取り

シャニマス/コミュ感想

イベントシナリオ『サマー・ミーツ・ワンダーランド』を見終えました。

高山Pも似たようなことを言っていましたが「長寿テレビアニメが夏休みに放映する拡大スペシャル版」的な、「劇場版にするほどじゃないけど通常放送では絶対やらないタイプのエピソード」って感じで面白かったですね。

さらに、全ユニットが参加するシナリオということで普段は見られない組み合わせばかり。

特にストレイライトにとっては初の越境イベントなので、3人と他ユニットとの絡みをブログに書こうかな?と思いつつシナリオを読んでいたところ、めっちゃ惹かれる2人組が。

甘奈と摩美々のバチバチ感

それは第3話、妙に意味ありげなワンシーンだった甘奈と摩美々。

まぁバチバチというほど険悪なわけでもないと思うんですが、見ていてハラハラドキドキしたのは間違いないです。

今回の合宿って他ユニットメンバーとの親睦を深めるという名目もあるはずなんですよね。部屋割りもあえてバラバラですし。

その上で描かれた2人のやけに短く、そっけないやり取り。今後の布石として描いているようにも見えてしまいます。(無理やりな深読み)

意図を感じざるを得ない部屋割り

彼女たちの部屋割りは「甘奈・摩美々・灯織・果穂・あさひ」の5人です。

この5人組なら「はちゃめちゃ行動派の果穂あさひコンビと2人を監視する灯織」の3人組と、甘奈摩美々の2人組の2つに分かれるっていうのは自然な流れだと思います。

これはむしろ後者を描くための配役?

実は似ているところがあると思うんですよね、この2人。摩美々同様、甘奈も(アルスト以外には)あんまり他人に腹の内を見せないタイプのように思えます。

甜花ちゃんがどうしてるか気になってしょうがない甘奈と裏腹あまのじゃくな摩美々の組み合わせ。これは見ものですよ……。

スポンサーリンク

激闘!甘奈vs摩美々

みんなが海ではしゃいでる一方で(おそらく)パラソルの下で静かに涼んでいる2人。

摩美々の第一声と甘奈のこの反応。摩美々が話を振るまで会話なかったんだろうな~という様子が伝わってきます。上の空でスマホをいじっている甘奈とけだるげに海を眺め続けている摩美々の姿が目に浮かぶ。

話しかけられたら一見いつものテンションで仲良さげに対応している甘奈ですが、すぐに話を切り上げ会話を続けません。この感じなんかすごくリアル。

ここで摩美々の意地悪発動。

明らかに「自分に対して興味を持っていない」であろう甘奈に自分の印象を聞くという先制ジャブを繰り出してきます。

「おしゃべりしてみてどうでした?」って、そもそもこのシーン以前に会話してたんでしょうか?

この張り付いたかのような作り笑顔!(邪推)

それとなく「からかわれている」体で微笑ましく返す甘奈ですが、結局「意地悪~」で終わらせてるのが怖い。「あなたの印象なんて答えられないのわかってるくせになんで聞くの」というふうにも読めます。(勘繰り)

みんなが戻ってきた途端、息ピッタリになるところも恐怖。

なんだろうこの……。「違う学校に通う、立ち回りの上手さでスクールカースト上位をキープしてる系のJKが腹の探りあいをしている」みたいな……。

一方、他メンバーと馴染む甜花ちゃん

甘奈が摩美々が壮絶な鍔迫り合いを見せている一方で、当の甜花ちゃんは他メンバーと普通に仲良く出来ている、ってのが皮肉ですよね。

年下を優しく叱る年長者の鑑。

着実な成長を見せて仲間との冒険を経験した甜花と、あのワンシーンしか出番がなかった甘奈。対照的です。

最後に

なんか無理やり仲悪そうに書いてしまいましたが、これは私の性癖から来る妄想みたいなもんです。あまり気にしないでください。

こういう関係性から友情?愛情?が生まれる展開が好き。

摩美々の意地悪は実のところ優しさから来るコミュニケーション術で、甘奈を心配した上でのアクションのようにも見えました。

個人的に甘奈はコミュ力高そうに見えて(甜花と千雪以外には)心の壁が厚いタイプだと思っています。そこんとこに今後変化が訪れるという予兆なんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました