大人ニキビに効果的だった対策リスト

スキンケア

「ニキビは歳を重ねるとともに落ち着いてくる」なんてよく聞きますが、私は30代になった今もニキビに悩まされ続けています。

数は多くないのですが、定期的に大きなニキビができては完治に1週間以上かかり跡としばらく残るという始末。

そんな中、「ニキビに効くかもしれないちょっとしたこと」をいくつか継続して行った結果、ニキビのできる頻度がかなり減りました。

今回の記事はそのやってみたものをすべてまとめてみました。具体的にどれが効果あったのかはわかっていません。ただ1つ1つは毎日簡単に行えるものになっているので試してみる意味はあるかと思います。

スポンサーリンク

洗顔は朝晩の2回

洗顔については多くの専門家の方々が言及しているので素人の私があえて語ることはありませんが一応。

私は1日に2回洗顔をしています。夜お風呂に入った時は当然として、朝に水洗顔もしています。

洗顔料は特にこだわりはありません。スクラブなど余計なものが入ってなければ何でも良いと思います。大事なのは継続することです。

本当は朝も洗顔料を使うべきだと考えていますが、面倒なので使っていません。質より毎日継続することを重視しています。

で、なぜ面倒な洗顔を朝もやるようにしているかというと、化粧水を使うためです。

洗顔後に化粧水をたっぷりとつける

たっぷりとつけると言っても大量に取って一度につけるわけではありません。

適量を顔になじませる、これを何回も繰り返します。「適量」というのも曖昧な表現ですが、ここでは「顔全体になじませてちょうど手に化粧水がほとんど残っていない状態」ということにしてください。

本当にもう気が済むまで化粧水をつけ続けます。顔と手がもう水分を吸わないと感じるまでやってみましょう。私はだいたい朝3回夜5回くらいやるようしています。

その後の乳液や保湿クリームですが、私はかなりの脂性なので使っていません。

この付け方をするようにしてから肌の状態がかなり良くなったと思います。乾燥や粉を吹くことには無縁になりました。逆に言えば肌で悩んでる方はこのくらいつけないとあまり意味がないのかもしれません。

こまめに石鹸で手を洗う

ニキビ対策として「手は雑菌だらけなので極力顔を触らないようにする」というものがあります。

ただ生活する上で全く顔を触らない、おいうのはなかなか難しいです。なのでせめて手をできるだけキレイな状態に保とう、という発想です。

恥ずかしながら、以前の私は全くと言っていいほど手を洗わない人間でした。帰宅時はもちろん、トイレでも軽く水につける程度で済ませていました。

石鹸を使ってキレイに洗い、清潔なハンカチで拭く。最初は面倒ですが慣れるとなんてことはありません。むしろ洗わないほうが気持ち悪くなってきます。

この「手を清潔に保つ」という行動は地味にニキビにも効果があると感じています。手洗いを雑に済ませている方はしばらく試してみてはいかがでしょうか。きちんと手を洗うとさっぱりして気持ちもいいですよ。

水分を多めに摂る

水をたくさん飲むことで体内に溜まった毒素や老廃物が排出され肌の調子が良くなる、いわゆるデトックス効果はニキビにおいても有効です。

飲む量についてはだいたい1日2リットル前後と言われています。一度に大量に飲もうとせずにこまめに飲むようにすると良いです。

私は朝にコップ1杯、仕事中にペットボトルの500ml、帰ってから寝るまでにコップ3杯を飲むようにしています。

水道水で構わないので手軽でコストも低くおすすめの対策です。

毎日ヨーグルトを食べる

便通と肌の調子は密接に関係していると言われています。

私は元々胃腸が強い方ではないので、便通の改善としてヨーグルトを食べることを習慣づけています。

ビタミンBサプリを飲む

このリストの中で最も確実で簡単なものではないでしょうか。毎日飲んでいるとやはり違いを実感できます。

ただコストが高いという難点もあります。

例えば170粒入りのチョコラBBはAmazonで2500円くらいで販売されています。1回2錠を1日2回なので1日あたり60円弱します。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが。

私は基本1日1回、肌の調子が悪いようなら2回使用するようにしています。

プロテインを飲む

私は体重管理の一環でプロテインを飲んでいますが、これを始めてから肌の調子が良くなったように思えます。

タンパク質は肌のターンオーバーに関係していると言われていますので、タンパク質不足を実感している方は試して見る価値があると思います。

また、最近のプロテインはビタミン群も配合されており栄養補助食品として非常に有用と言えます。

タイトルとURLをコピーしました