【メギド72】共襲イベント『霊王ブランムース』の攻略法・稼ぎ方。アスモデウスで焼き尽くせ!

メギド72

今回は共襲イベントの超幻獣『霊王ブランムース』の倒し方について書いていきます。

フルオートが難しいので稼ぎには若干不向き。

ですが、配布メギドのアスモデウスさえ育っていれば安定してダメージを稼げるので、難易度は低いほうだと思います。

スポンサーリンク

霊王ブランムースの特徴

火ダメージ特攻

「火ダメージを受けた際、被ダメージが2倍になる」という特性を持っているので火属性攻撃が有効です。

大ダメージを狙うならアタッカーにはぜひ火属性の攻撃手段を持つメギドを起用しましょう。

強力な火ダメージ奥義を持つアスモデウスBアモンあたりが候補。

煉獄の炎が有効

火ダメージというわけではありませんが、アスモデウスのスキルで付与できる「煉獄の炎」が有効。

「煉獄の炎」は割合ダメージなので付与できると下手に殴るより大ダメージを与えられます。

ただし、それなりに耐性はあるようなので結構通りにくい上、覚醒スキルで状態異常治癒もしてきます。

「煉獄の炎」はターンを重ねるごとに割合がアップするので、ダメージソースとして利用するなら覚醒スキルを打たれないようにしましょう。

暗闇付与のスキル

ブランムースはスキルで前列に暗闇を付与してきます。

攻撃が当たらないことには撃破はおろかスコアを稼ぐことすらできないので、何らかの形で対策が要求されます。

対策としては以下の方法があります。

  • アタッカーをスナイパーにする
  • 奥義のみで攻撃(奥義は暗闇無効)
  • マスエフェクト利用(Bアモン、アンドラスなど)
  • オーブ利用(ラッシュ「八つ裂きマーダー」、カウンター「水のクルサ」など)

被ダメ回数で強化される凶悪な奥義

ブランムースの奥義は攻撃を4回受けるたびにレベルが上昇。

この奥義が非常に強力で、レベル最大になると全体に2倍×3連続の大ダメージ。まともに食らうと全滅も有り得ます。

フォトン容量が4つな上に覚醒ゲージも5と短いので連発されることも珍しくはありません。

戦闘終了の6ターンまで完走しないと効率が非常に悪いのでなんらかの対策をとりたいところ。

スポンサーリンク

霊王ブランムースの対策

まとめると、ブランムースと戦う上で注意したいのは「暗闇」と「被ダメ回数で強くなる奥義」の2つ。

どちらも「おすすめメギドで殴り続けていればスコアが稼げる」という共襲イベントの仕様と相反するものなので対策が必要です。

対策として考えられる戦術は「暗闇無効で殴りまくりつつ奥義も耐える」「手数を減らして奥義のレベル上昇を防ぎつつ奥義で大ダメージを与える」でしょうか。

手数でスコア稼ぐパ

共襲イベントのセオリーである「おすすめメギド敷き詰めて殴り続ける」で稼ぐ編成。

暗闇に関してはオーブやMEで簡単に対策はできますが、問題は奥義。レベルがどんどん上がってしまうので無策だと6ターン目まで耐えられません。

有効手段としてはめまい付与グレモリーの奥義くらいでしょうか。

ただめまいは低確率な上覚醒スキルで回復されてしまうのであまり有効とは言えません。グレモリーも強化奥義なら4ターン無効にできますが、防御奥義のために4フォトン費やすことになります。

覚醒減少も一応有効ではありますがフォトン容量が多くゲージも短いので防ぎ続けるのはちょっと難しいです。

なにより対策のためにおすすめでないメギドを何体も入れたら本末転倒です。

やはりこの戦法はあまりブランムース向きではないかな、という印象。

アスモ奥義パ

煉獄の炎はMEでも付与可能なので活用しよう。

攻撃は極力控え、一撃で大ダメージを与えスコアを稼ぐ戦法。

手軽なのはいつものアスモワントップ編成でしょうか。

加えてブランムースは「煉獄の炎」が有効なのでこちらをメインに狙うパターンもあります。

アクィエルがいれば煉獄の炎付与率アップで安定感が増す。オリアスは覚醒スキルの氷結地形で攻撃デバフしつつ地形ダメージも与えられるので一石二鳥。

奥義メインならバフ手段を、煉獄メインなら暗闇・覚醒スキル対策を用意して6ターンの持続を目指しましょう。(両方狙うのもアリ)

ハンデシステムのおかげで未育成でも運用可能。ブランムースが討伐対象の場合は(おそらく)彼女もおすすめメギドに指定されていると思うので、やはりアスモデウスを軸にするのが良いと思います。

まとめ

アスモデウスをメインアタッカーにして、育成が進んでいるソロモン王なら奥義で、そうでないなら「煉獄の炎」でダメージを稼ぎましょう。

個人的にはオート向きでないブランムースはあまり周回したくない超幻獣です。

達成報酬目当てで倒してあとは他の稼ぎやすい超幻獣を狙いたいところ。

タイトルとURLをコピーしました